藤本 侑樹 YUKI FUJIMOTO
プロモーション広告事業部 兼 採用支援事業部 営業

子供の頃からの夢であった技術者の道から一転、地元山口へUターンしBe winへ入社。2015年より求人サービス「じょぶる山口」の立ち上げから、県内マーケットの開拓まで携わる。自身の人生において世の中へ価値を遺すことをテーマに、好奇心と向上心を燃料に走り続ける。仕事も遊びも全力投球の、海と山と魚をこよなく愛するさわやか系タフガイ。

仕事の醍醐味と社風について

仕事の醍醐味と社風について

今は、広告事業の営業とマネジメントをメインに行っています。「じょぶる山口」の立ち上げに携わることができたのは自分の中で大きな財産ですね。最初はちいさな売り上げから少しずつ信頼と実績を勝ち取っていき、いまではびっくりするような大企業にも掲載して頂けるようになりました。同時に、仕事探しで利用されたユーザーさんから感謝の声を頂けるようになったのは感慨深いものがあります。
「良いと思ったことはまず試してみる」柔軟性やスピードがBe winのビジネスの信条なので、主体的に仕事をしたい人材はぐんぐん成長できる環境です。
マーケットのニーズを察知しながら、自分たちの頭でビジネスモデルをパートナー企業・ユーザー・自社の三方にとってメリットとなるまで考え抜き、かつてないサービスとして事業化できること、そしてそれを運営できる組織づくりまで経験できることはこの会社の醍醐味だと思います。
事実、大手企業でそれなりの将来を約束されていた人たちが、弊社に転職して「これは面白い!」と躍動していますね(笑)

戦略が生むBe winならではの
セールスマインド

入社するまで「営業職」のイメージは、頭をペコペコ下げながらなんとか食らいついて、売ったもの勝ち…そんな感じでした。それが今では、こんなに誇りとプライドを持ちながら自分を成長させられる職種は他にない!と感じています。
そう思う秘訣は、この会社の「営業」に対する考え方によるところが大きいです。営業経験ゼロからスタートした僕は、河村から「企業の課題を解決できる良きパートナーでありなさい」と教えられました。
ただ「使ってください、買ってください」というお願いスタンスは良しとしていません。相手にとって本当に価値のある情報やサービスをきちんとつくり込み、広い知識を持つ業界のプロとして提案し、役に立った対価として報酬を得る。これがBe winのセールスマインドです。
普通に生活していては会うことのない、様々な業界の社長様や管理職の方々と一緒に悩んで、課題を解決して、あなたに会えてよかった、と言って頂けるのは営業職ならではの喜びですね。

今後の展望

まず直近では、山口県の人材・採用サービスNo.1を目指します。すでにじょぶるは山口でNo.1のポイントがいくつかありますが、企業からみても、ユーザーからみても、どう考えても山口県でいちばんだよね、というポジションを確立します。
そしてその環境をベースに、後輩や未来の同僚がしっかり結果をだせる組織を拡大していくこと。やりがいも収入も時間も得られて、個々の価値観からみたそれぞれの豊かさを実現できる環境を作り、さらにマーケットやビジネスを拡大していきます。
さらに同時並行で、新たなビジネスを生み出していくこと。
Be winでは、「やりたいことはどんどんやって、事業化しよう」という風土があります。そしてこの会社のビジネスは、必要な人脈やマネジメント力、セールス力、人間力を養える格好の環境です。
目まぐるしく変化する時代のなかでマーケットやニーズを先読みし、なくてはならないサービスと、所属する社員が誇りに思える組織を創り出していきます。

就活中のみなさんに伝えたいこと

僕自身、Be winに入社する前は全くの異業種で働いていました。社会人になって改めて自分の人生の着地点を考えた時、すでに完成されたしくみや大きな組織で高みを目指していくことに違和感を覚えてしまった自分がいました。ずっと目指していた職業でしたが、今振り返ると、知り得た知識のなかで頑張る理由にしていたというか、もっともなストーリーをつくって、「自分はこれを目指すんだ」と言い聞かせてきた部分もあったのかな、とも思います。

正直、日本では社会に出るまでは、いち社会人になることがどんな感じか分からない・考える機会が少ない人が多いと思います。
何にせよ生活していくためには仕事をしなければならないので、少しでも良い環境で働きたいなぁ、と考える人も少なくないでしょう。
しかし、それなりの安定した収入や生活が手に入ったところで、その仕事がなんの疑いもなく天職で本当に楽しい!と思える人がどれだけいるでしょうか?同級生と比較してみたり、結婚して家庭ができたり、親が歳を取ったり。守るべきものがだんだんと増えていき、今の環境でまぁ、これくらいでいいか、とどこか自分に言い聞かせながら、妥協をしている人をたくさん見てきた気がします。

僕がこのページを見ている皆さんに伝えたいのは、「何の仕事を選ぶか」ではなく、「どうありたいか」「何のためにやるのか」をしっかり自問自答してほしいということ。仕事はあくまでツールであり、それがあなたの生き様を作ってくれるわけではありません。逆に、あり方や目的が定まっている人は、何の仕事であれこだわりやプライドを持って取り組み、たくさんの価値を生んでいくのだろうと思います。
僕自身、大学院まで出て数年で大手企業を退職してしまいましたが、この会社に身を置き自分と向き合うことで、「どうありたいか」という大事な道しるべを取り戻せたと実感しています。

そして、興味が湧いた方は、ぜひ僕たちにコンタクトをとってみて欲しいということ。
この会社は、頑張ったことは自分の変化や成長、社会に与える影響、返ってくる収入といった形でシンプルに成果が表れる環境です。
そして、今後入ってくる人たちにはやり方・目指し方などの持っているものはすべて渡していき、結果を出せる人をどんどん生んでいきたいと考えています。
「自分ってこういうのに熱くなれるんだよな」「こんな人生にしていきたいな」というものを見つけたい人も、すでに持っている人も、そんな仲間が増えて一緒に仕事ができればこれほど面白いことはないと思います。

どんな世の中になっても荒波を泳ぎ切って、自分の人生にはっきりとした足跡を残していける仲間に会えることを楽しみにしています。

HOMEMESSAGEABOUT USINTERVIEWPERSONJOB LISTENTRY